ブログ

2018.03.09アイコン

地域の皆さまに必要とされる…

今回の話題は、地域に必要とされるとは?です。

3月8日、多久市立東原庠舎東部校(とうげんしょうしゃとうぶこう)より、我が悠愛別荘に車イスを贈呈されました。

この東原庠舎東部校とは、多久市東多久町にあります、小中一貫校であります。
毎年生徒会が中心となり、プルタブやアルミ缶を集め、車イスを介護施設へと贈呈される運動を行っています。もう10年以上もこの活動を続けているそうです。

簡単に集めると言いますが、車イス1台に変えるのに400㎏程のプルタブが必要と聞きました。
ものすごい量です。それを毎年欠かさずに行っていると聞いて、こうやって頂ける車イスも本当に大切に使わないといけないなぁと思いました。

生徒の皆さんや先生方、そして地域の方々もこの運動に協力してくださっていると聞きました。
こうやって地域の皆さまに支えられているのだと改めて感じます。

小さな力も集まればとても大きな力になるのだと教えられました。

悠愛別荘でも、この運動に参加させて頂きたいと思います。
地域に必要とされる…、そういう施設でいつまでもあり続けたいと思います。